*

投資・FX

様々な選択肢

破産申告を考えている人で自分の債務に対し保証する人がいるときには、事前に話をしておいたほうが無難です。

 

もう一度、改めてお勧めしますが、負債に保証人がいるときは、破産申告をする前に前もって考えなければいけません。

 

なぜならばあなた自身が破産してOKが出るとその人たちがみなさんの義務をみな支払うことになるからです。

 

ということから、破産前に過去の内容とか今の状態を報告しつつ謝罪をしなくてはいけないでしょう。

 

それは保証人になるひとの立場から見ると求められることです。

 

あなた自身が自己破産することで、自動的に多額の負債が発生してしまうことになるのです。

 

そうなると、以後の保証する立場の人の取るべき方法は次の4つです。

 

1点目ですが、保証人自身が「すべてを支払う」という方法です。

 

保証人自身が数百万もの債務を苦労することなく弁済できるぐらいの財産を持っているならば、この手段を取ることができるでしょう。

 

でもむしろ、あえて破産申告せずに保証人である人に立て替えを依頼して、自身は保証人となる人に返済をしていくという手順も取れるかと思われます。

 

保証人がもし借金をした人と親しい関係にあるのなら、いくらか完済期間を考慮してもらうことも問題ないかもしれません。

 

いっぽうで合わせて完済ができなくとも、貸金業者も話し合いにより分割での返金に応じてくれます。

 

その保証人にも破産宣告を行われると債権がすべて弁済されないリスクを負うからです。

 

保証してくれる人があなたの債務を全部背負う経済力がなければ、借金しているあなたと同じように何らかの負債の整理を選ばなければなりません。

 

2つめは「任意整理」による処理です。

 

この方法の場合貸した側と示談することによって、おおよそ5年弱の時間で弁済する方法になります。

 

この問題で弁護士にお願いするときの費用の相場は債権者1社につき4万円ほど。

 

合計7社から借金があれば約28万円必要です。

 

債権者との交渉は自分でやってしまうこともできないことはないかもしれませんが知識のない人だと相手側があなたにとってデメリットの多い和解案を勧めてくるので、気を付けた方がいいでしょう。

 

また、任意整理で処理する場合も保証人である人に債務を負担してもらうことになるのですから、あなたは少しずつでも保証人になってくれた人に支払いをしていく義務があります。

次の3つめは保証人も返せなくなった人と同様「破産宣告する」という選択肢です。

 

あなたの保証人も債権者と同じく破産すれば、保証人である人の返済義務もなくなります。

 

しかし、あなたの保証人が土地建物等を登記している場合はそれらのものを取り上げられますし、証券会社の役員等の業務に従事しているならば影響を受けます。

 

そういった場合、次の個人再生を検討することができます。

http://jibunnews.blog.shinobi.jp/

では4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を利用する」ようにします。

 

戸建て住宅などを手元に残したまま整理をする場合や破産申告では資格に影響する職業についている場合に検討していただきたいのが個人再生です。

 

これなら自分の家は残りますし破産申し立てのような職種制限資格に影響する制限が何もかかりません。

 


自らのレベルを上げていく

外為取引ビギナーが為替相場の重要なところを見つけるにはまず注文を積み重ねていく事が不可欠です。

 

とりわけ、未然に危機を予期するようにするためにはポカを積み重ねることも経験のひとつ。

 

当然、マイナスになるといっても、立ち上がれなくなるほど重大な間違いをしてはいけません。

 

取り返しが付く失敗を幾度か積み重ねることが結果的に自らのレベルを上げてくれるはずです。

 

それを考えると、まず初めは少ない資金で売買を行い何度か小さな失敗をすることをおすすめする。

 

100万円だけしか投資する余裕が無い場面で最初から100万円を全て投入してエントリーするとマイナスになった時、取り返せない危険性があります。

 

それならば、仮に10分の1ずつ小分けして取引してそれで買ったり負けたりを体験した方が段々と損を補う技術なども身についていくはずである。

 

まず最初にわずかな額で取引する事の良い点は先に記したように、自分の体験を増やし、ミスを管理する方策を学習していく事にありますが売買の回数を重ねる事で、危険性を少なくできるという価値もあります。

 

仮定として、1回限りの売り買いで勝率が50%だと考えます。

 

言い換えると、同じ確率で負けるリスクもあります。

 

勝率5割ということは。

 

二分の一の可能性で利益が出る事を示しています。

 

だがしかし、全ての投資資金を投じて1回こっきりの売買をするということは、明確な勝ちか、負けの片方になってしまいます。

 

このままではたんに丁半バクチと同じ。

 

つまり、全ての資金をつぎ込んで1回のみしか勝負しないとこれだけでは損失が生じる確率が大きくなります。

 

だからこそ、お金を1回に全部投じるのではなく少しずつ分けて投資経験を増やす事がリスク分散となります。

 

また少しずつ分けたとしてもすべてに勝利する事は必須ではありません。

 

正確に言うと、勝つことが出来ないのが現実です。

 

投資で肝心なのは勝つ回数ではなく、どのようにプラスに出来るかです。

 

勝ち負けが同じでも、たとえ勝率5割以下でも儲かる時は儲かる。

 

5割以上負けてもその収益が少しであれば、3割の勝利の儲けの大きさで相当儲けられます。

 

そのために必要な事は、損失を小さく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損したらすぐさま損失を確定してそれとは反対に勝てる時はなるべく大きくプラスにする事が、FXの経験の浅い方がFXで利益を上げる神髄です。